banner-line
詐欺でお困りなら
今すぐLINEで無料相談!
banner-gengaku
借金問題を解決する!
減額診断シミュレーター

不動産カテゴリの記事一覧

不動産

賃貸物件の契約解除を求められた場合の法的対処法とは?弁護士による正当な立退料交渉を徹底解説

賃貸物件において、大家都合で物件の明渡しを求められることがあります。しかし、入居者に対し、物件の立退請求をする際には、借地借家法 第28条に基づく「正当な事由」が必要であり、適切な「立退料」を請求することが可能です。そこで、本記事では、賃貸物件の契約解除を求められた場合の弁護士による正当な立退料の交渉について、わかりやすく解説させていただきます。

不動産

【2024年最新版】不動産投資で強引な勧誘を断るための法的手段と弁護士の役割を徹底解説!

昨今、投資用マンションの勧誘において、しつこい勧誘や押し売り等の悪質な手口で契約を迫る業者が存在します。昼夜問わない執拗な電話勧誘や威迫する言動を交えた訪問販売、数時間にも及ぶ勧誘行為が継続する場合、法的根拠に基づき、弁護士が依頼者の代わりに勧誘の拒絶を行うことが可能です。本記事では、強引な不動産投資勧誘に対する弁護士による法的対処法について、徹底解説させていただきます。

不動産

【2024年最新版】悪質な虚偽説明による投資マンションの契約解除が可能なケースを徹底解説!

悪質な不動産会社の利回りや修繕費・管理費、周辺環境、将来価格、物件の状態・品質に関して誤解を招く説明を行ったり、重要な事実を告げずに契約を結ばせる等の行為によるマンション投資被害に対する相談が多く寄せられています。本記事では、虚偽説明により契約してしまった投資用マンションに対し、消費者契約法に基づく契約の解除方法について、弁護士目線でわかりやすく解説いたします。

不動産

【2024年最新版】しつこい勧誘や押し売りにより契約した投資用マンションの解除交渉を徹底解説

昨今、しつこい勧誘や押し売りによって投資用マンションの契約を迫る、投資用マンション被害の相談が多く寄せられています。悪質な不動産会社や仲介会社による、執拗な電話勧誘や脅迫に近い訪問勧誘、カフェ等で数時間にも及ぶ勧誘活動により、心理的に追い詰められてしまい契約を締結してしまったという方も少なくありません。しかし、強引な勧誘により契約してしまった投資用マンションは、弁護士を通し、適切な手続を踏むことで契約解除が可能です。そこで、本記事では、しつこい勧誘や押し売りにより契約してしまった投資用マンションに対し、消費者契約法違反に基づく契約解除方法について、弁護士目線でわかりやすく解説いたします。

不動産

【2024年最新】マンション投資被害における悪質なサブリース契約を徹底解説!手法や対策など

昨今、マンション投資において、マンション投資で空室リスクを減らす管理方法の一つである「サブリース契約」を悪用した法的トラブルが増加しています。被害を未然に防ぐためにも、マンション投資の概要をはじめ、悪質なサブリース契約に係る事例やマンション投資被害に遭わないための対策、被害に遭った場合の対応など、徹底解説いたします。

不動産

【2024年最新】マンション投資被害の手口や事例を徹底解説!投資トラブルの相談先や対処法も

昨今「マンション投資」は、初心者でも気軽に投資に取り組めると人気を集める一方で、マンション投資の運用の仕組みやデメリットが曖昧なまま、不動産業者の口車に乗せられ、金銭トラブルに発展するケースも報告されているのです。本記事では、マンション投資の概要と投資トラブルの対策などについて弁護士目線でわかりやすく解説していきます。